やっと喉の骨が取れて

まだまだ暑い夏が続いていますが、お元気ですか。

昔(?)のタンゴ・ミニ通信の頃から、喉に引っ掛かったような疑問がありました。それは、1933年、純アルゼンチン製の長編映画「タンゴ」の中の一つの曲についてです。その中で23曲のタンゴが演奏されているのですが、その内の21曲目でリベルタ・ラマルケが歌う曲の題名が不明だったことです。

ラマルケがレコードを出していなかったことや、当時から近年に至るまで目にした亜国の映画の本でも、題名不詳になっていたので、ミニ通信では、題名不詳にしていました。

それが数年前に、友人からシリアコ・オルティス楽団でカルロス・ラフェンテが歌っているエストリビジョを聞かせてもらい、どこかで聞いた曲だなと思っていましたが、直ぐには映画と結びつきませんでした。

丁度その頃、フワン・アンヘル・ルッソという人の編纂したタンゴ集を頂戴して読んでいた処、Noviecitaと言う曲に出会い、それがリベルタ・ラマルケが映画で歌った曲であり、カルロス・ラフェンテの歌がその1連だということが分ったのです。

その後、リクエストもなく、延び延びになって来ましたが、今朝上場して見ました。目下、映画のその部分を聴きながら、長い間、不明のままにして来た、喉の骨が取れた思いです。

例によって、小学生の作文的直訳ですが、ご判読頂ければ幸いです。

追記:上場後、中庭散歩者から連絡があり、本体の歌詞の題名が昔載せた別の題名になっていました。早い時間にご覧になった方はAmor te cantoの題名を見られたと思います。ご免なさい。今は訂正済みです。それでは、よろしく。

 

 

1 thought on “やっと喉の骨が取れて

  1. 投稿欄がずれたということで、再送信しました。以下、コメント:ご存じとは思いますが、YouTubeに恐らく映画「タンゴ」の中でラマルケがNoviecitaを歌うシーンがアップロードされています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください