お久し振りです

2ヶ月ぶりに、新規の訳詞を上場しました。

成人になって以来、初めてと言う入院治療に、老い耄れの身体には結構堪えました。三途の川の渡し銭が1文ぐらい不足したのか、引き返してきた格好です。

なかなかPCに向う気力も湧かず、中庭にも草ぼうぼうのありさまでした。

今朝は、試しに1つの歌詞を上げて見ましたが、スペイン語や、PCの上場の仕方など、あれこれと痴呆が進んでいて、一苦労でした。まだ、病院通いが続くので、以前の様なペースとは行きませんが、ぼちぼちとやって行く心算です。

時々覗いて見て頂ければ幸いです。それでは、これで再上場のご挨拶とします。

探戈楽人

2 thoughts on “お久し振りです

  1. 探戈楽人さん、

     ご回復、本当に良かったですね。
    三途の河は渡った経験の無い者には
    説明できない事でしょうねー
    小生も一度渡りかけていますので、
    この話は余り嬉しくないので辞めておきますが、
    ともかく回復され、新曲の略詞に期待しております。

  2. 学生時代から数十年たち、今も、時々、プロの方とともにタンゴを歌っています。
    Sur,Nostalgias,Abrojito 等など、素晴らしい訳詩には感謝に堪えません。
    お元気かどうか、心配でしたので会えて、メールさせていただきました。
    いつまでも、素晴らしい訳詩を期待し、いつか、小さなコンサートですが来ていただきたく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください